汗荒れ(汗あれ)対策にホホバオイルは使える?

この記事を書いた日:2014年7月31日

こんにちは。ホホバ屋さんの長谷川です。( ̄∇ ̄)/

今日は7月の最終日です。ここ最近は各地で猛暑日が続いているようで、大阪も朝からものすごく暑いです。( ;´Д`)
仕事が始まる前にすでにシャツも汗びっしょり・・・ でもエアコンの効いた部屋に入ると、今度は急激に乾燥して寒くなったり、顔がつっぱったり・・・ 体にとってもなかなか負担の多い毎日ですね。( ̄ε ̄;)

さて、今日はあまり聞き慣れない言葉「汗荒れ」について、少しお話をしたいと思います。
今回もまず、この記事のまとめを最初に書いておきますので、長文を読むのが面倒なときは、とりあえず「赤いデカ文字」の部分だけでも読んでおいてください。

「汗荒れ」は、汗が原因となって起こる「肌荒れ」だと言われています。 早めのケアが大事で、夏場でも日頃からきちんと「保湿」をして、肌の表面に適度な水分と油分を与えておくことが、汗荒れ対策になるようです。

「汗荒れ」というのは、今朝の「めざましテレビ」で特集されたようで、ツイッターの話題のキーワードになっていました。 正直に言って私も「汗荒れ」という言葉は馴染みがなかったので、個人的にお世話になっているお医者さんに聞いてみたんですが、「簡単に言うと"汗による肌荒れ"だと思っていいよ。」とのことでした。 (なお、「汗荒れ」はまだ一般的に使われている言葉じゃないので、「肌荒れ」とか「かぶれ」とか、あるいはまとめて「あせも」と言う人もいるかも、とのことでした。)

さらに、お医者さんのブログやホームページで実際に「汗荒れ」について書かれているものがないか探してみると、1件見つかりましたので、紹介しておきます。
医療QQ - "汗荒れ"で「かゆみ」「赤み」 早めのスキンケア重要 - 医療記事 - 熊本日日新聞社

この記事によると、 ------ 「この時期、肌荒れの原因の一つに汗が考えられる。汗に含まれる塩分などの成分が肌の刺激となり、かゆみや炎症などを起こしてしまう。汗による肌荒れで、いわば"汗荒れ"」と指摘するのは「よしき皮膚科クリニック銀座」(東京)の吉木伸子院長。 ------ とありますので、やはり「汗荒れ」というのは基本的には「肌荒れ」という認識で間違いないのかなと思います。 であれば、ホホバオイルが役に立つ場面でもありそうですね。(*^_^*)

実際に、さきほど紹介いたしました記事の中で、 ------ 吉木院長は「早めのケアが大事。乾燥する冬と同様、夏も保湿が重要で、肌の表面に適度な水分と油分を与え、肌のバリア機能を保つことがポイント。かゆみや赤みが続くようなら、専門医に受診を」と話している。 ------ とありました。
この「肌の表面に適度な水分と油分を与え」という部分は、まさにホホバオイルが大活躍の場面ですね!!

ホホバ屋さんのホームページでは、もうすでに「ホホバオイルでの保湿法」についてはたくさん書いてきましたので、それらを参考にしてみてください。
1.ホホバオイルを塗るベストタイミングは!?
2.ホホバオイルと化粧水、どっちを先に塗る?
3.精製水とホホバオイルの「ノンケミカル保湿法」
4.ホホバオイルで汗疹(あせも)が改善?
5.化粧水の前のホホバオイル(ヴィークル効果やブースター)

でも何にせよ、まずは「お肌を清潔にする」ことが一番大事なことかと思いますので、汗をかいた後にすぐにお肌をキレイにできるよう、コンビニにもあるようなウェットタイプのペーパータオルなどを持ち歩いておくのもいいかもしれませんね。

それにしても、これから先どんどん温暖化が進んでいくようであれば、夏のスキンケアは冬以上に気をつけていかなければならなくなりそうですね・・・

→ホホバオイルの使い方一覧ページに戻る

▼大容量オイル 商品リスト▼

▼オプション品▼

▼本日のご注文の納期▼

▼お買い物ガイド▼

▼スタッフブログ▼

▼営業日カレンダー▼

ホホバ屋さん営業日 2017年4月
ホホバ屋さん営業日 2017年5月
※オレンジ色…休業日

▼到着時カード払い▼

ホホバ屋さん ご利用可能カード
※代引で利用可能

▼通信セキュリティについて▼