5種類のホホバオイル取扱専門店
050-1075-0969(平日10〜17時)

化粧水の前にホホバオイル…?(ブースターやヴィークル効果について)

〜ホホバオイル専門店の見解は…?


こんにちは。ホホバ屋さんの長谷川です。(*・ω・)ノ
今回は、以前に書いた「ホホバオイルと化粧水、どっちを先に塗る?」に関連した内容です。 そちらの記事をまだご覧になられていない方は、この記事と一緒に読んでいただければと思います。

近年、一部の植物オイルが「化粧水の浸透を促進する導入液(ブースター)になる」と言われているようで、「化粧水の前にオイルを塗っておくといい」という情報を、実際にネット上でもたくさん見かけますね。
このことに関して、ホホバオイル販売に携わる私たちの見解を少しお話しいたします。

とりあえず、いつもどおり最初にこの記事のまとめを書いておきます。
長文を読むのが面倒なときは、とりあえず「赤い部分」だけでも読んでおいてください。

正直に申しまして、私どもの立場からは、このヴィークル効果について明確な根拠(化学的な研究例等)を持って言及するのは難しいです。
化粧水の前にホホバオイルをたくさん塗布すると、当然のことながら水分をはじいてしまうと考えられます。 ただ、お風呂上がりすぐ、まだ水滴が少し残ったくらいの状態で、化粧水の前にほんの数滴程度を薄く伸ばして塗るのはアリかもしれません。 「化粧水を塗る前に、お肌表面の水分の蒸発を少し防いでおく」くらいのイメージで。
実際に「ホホバ」→「化粧水」→「ホホバ」という順番で使われている方もいらっしゃいます。 またその他に、化粧水と少量のホホバオイルを混ぜてお使いになる方もいらっしゃいます。 スキンケアの方法はひとつではありませんので、ご自身にあった方法を色々と試してみてください。

以下、もう少し補足をしていきます。
「化粧水の浸透を促進するために、化粧水の前に塗る」という種類のスキンケア用品は、すでに大手化粧品メーカーさんから「導入液」や「ブースター」として、いろいろな製品が出ていますね。
そして近年、ホホバオイルやアルガンオイル、スクワランオイルなどのように、浸透感の良い一部の植物オイルにその「導入液」として効果があるのではないか、という情報が増えてきているようです。
この働きは「ヴィークル効果」と名付けられているようで、「オイルの粒子が化粧水をお肌の奥まで運んでいく」というイメージだそうです。

ただ、「ホホバオイルが化粧水の浸透を促進する」というこの「ヴィークル効果」に関しては、正直に申しまして、まだまだ明確な研究例や実証例が不足しており、一般的な理論として広く認められるまでには至っていないようです。 ですので、今日現在の段階では、化粧品販売者である私どもが声を大にして言及することは「無責任な行為」になるのではないかと思っています。
というわけで、私どもの立場からは、明確な根拠を持って「化粧水の前にオイルを塗布するといいですよ!」と推奨的に述べることはできません。

ただ、「化粧水の前にホホバオイルを塗布すると、より潤いを感じるようになった」と仰る方がいらっしゃるのも事実ではありますので、今後さらに化粧品やオイルの研究が進めば、広く一般的な使い方になる可能性もあるかもしれませんね。

ちなみに、ホホバ屋さんのスタッフはホホバオイルの使い方を自分の体を使って色々と人体実験(笑)していたりするんですが、「化粧水の前にホホバオイルを塗る場合は、化粧水後に塗るときよりも量を少なくするイメージで、数滴程度を薄く伸ばして塗る感じが良いのでは」という意見で一致しています。
化粧水の前に塗る量が多いと、やはり化粧水を弾くような感覚を感じることがあるようです。 これはおそらく、お肌の上をホホバオイルの油膜がびっしりと覆ってしまうからではないかと考えられます。
「保湿のはたらき」としてはこの油膜が大きな力を発揮するんですが、「導入液として」と考えるのであれば少量が良いかもしれませんね。

そしてもうひとつ、「化粧水と少量のホホバオイルを混ぜて塗っている」という使い方をされている方も、意外とたくさんいらっしゃるかと思います。
実際に色々な化粧品や医薬部外品にホホバオイルは配合されていますし、いまいち単独での使用に慣れていない方は、まずは混ぜて使ってみることから始めてみるのもいいかもしれません。

いずれにせよ、お肌の状態がひとりひとり違う以上、スキンケアの方法もひとりひとり違って当然だと思います。 ある程度のパターンに分けることはできるかと思いますが、最終的に「自分にあった方法」というのは、自分のお肌の感覚でしか判断できませんので、「これが絶対に正解」というものはないのかもしれません。
「自分にとっての正解」というのは、色々な情報をもとに自分で試していって、見つける必要があるのかなと思います。

もちろん、もっとも良いのは「かかりつけの皮膚科の先生」や「いつもお世話になっているエステティシャンさん」など、自分のことをよく知ってくれているアドバイザーを作って、相談していくことかなと思います。
私もお電話で色々なご相談を承りますが、みなさまのことが何でもわかるわけではございませんので、一般的な理論や実例をお話ししたり、その上で考えられる選択肢をご提供することしかできません。 やはり最後には、身近で信頼できる方にご相談いただくことが一番かなと思います。
もし身近にそういったアドバイザー的な方がいらっしゃらなければ、私どものお取引先の方をご紹介できることもあるかもしれませんので、一度当店までご連絡いただければと思います。

では最後に、今日のまとめ。

化粧水の前にホホバオイルを塗布する場合は、数滴程度を薄く伸ばして塗るほうが良いように思われます。
また、スキンケアの方法はひとりひとり最適な方法というのが異なるので、可能でしたら、かかりつけのお医者さんやエステティシャンさんなど、信頼できるアドバイザーを作っておきたいですね。

この記事を書いた日:2014年6月17日

※上記はあくまでも一例です※
スキンケアの方法に「すべての人にとって100%絶対にコレが正解!」というようなものはございません。 ひとつの情報に固執したり、ひとつの方法にこだわりすぎず、「合わないな」と感じたら別の方法を試したりして、ご自身に合った方法を色々探してみてください。

化粧水の前にホホバオイルを塗ると…?
(ブースターやヴィークル効果について)

この記事を書いた日:2014年6月17日

こんにちは。ホホバ屋さんの長谷川です。(*・ω・)ノ

今回は、以前に書いた「ホホバオイルと化粧水、どっちを先に塗る?」に関連した内容です。 そちらの記事をまだご覧になられていない方は、この記事と一緒に読んでいただければと思います。

近年、一部の植物オイルが「化粧水の浸透を促進する導入液(ブースター)になる」と言われているようで、「化粧水の前にオイルを塗っておくといい」という情報を、実際にネット上でもたくさん見かけますね。
このことに関して、ホホバオイル販売に携わる私たちの見解を少しお話しいたします。

とりあえず、いつもどおり最初にこの記事のまとめを書いておきます。
長文を読むのが面倒なときは、とりあえず「赤いデカ文字」の部分だけでも読んでおいてください。

正直に申しまして、私どもの立場からは、このヴィークル効果について明確な根拠(化学的な研究例等)を持って言及するのは難しいです。
化粧水の前にホホバオイルをたくさん塗布すると、当然のことながら水分をはじいてしまうと考えられます。 ただ、お風呂上がりすぐ、まだ水滴が少し残ったくらいの状態で、化粧水の前にほんの数滴程度を薄く伸ばして塗るのはアリかもしれません。 「化粧水を塗る前に、お肌表面の水分の蒸発を少し防いでおく」くらいのイメージで。
実際に「ホホバ」→「化粧水」→「ホホバ」という順番で使われている方もいらっしゃいます。 またその他に、化粧水と少量のホホバオイルを混ぜてお使いになる方もいらっしゃいます。 スキンケアの方法はひとつではありませんので、ご自身にあった方法を色々と試してみてください。

以下、もう少し補足をしていきます。
「化粧水の浸透を促進するために、化粧水の前に塗る」という種類のスキンケア用品は、すでに大手化粧品メーカーさんから「導入液」や「ブースター」として、いろいろな製品が出ていますね。
そして近年、ホホバオイルやアルガンオイル、スクワランオイルなどのように、浸透感の良い一部の植物オイルにその「導入液」として効果があるのではないか、という情報が増えてきているようです。
この働きは「ヴィークル効果」と名付けられているようで、「オイルの粒子が化粧水をお肌の奥まで運んでいく」というイメージだそうです。

ただ、「ホホバオイルが化粧水の浸透を促進する」というこの「ヴィークル効果」に関しては、正直に申しまして、まだまだ明確な研究例や実証例が不足しており、一般的な理論として広く認められるまでには至っていないようです。 ですので、今日現在の段階では、化粧品販売者である私どもが声を大にして言及することは「無責任な行為」になるのではないかと思っています。
というわけで、私どもの立場からは、明確な根拠を持って「化粧水の前にオイルを塗布するといいですよ!」と推奨的に述べることはできません。

ただ、「化粧水の前にホホバオイルを塗布すると、より潤いを感じるようになった」と仰る方がいらっしゃるのも事実ではありますので、今後さらに化粧品やオイルの研究が進めば、広く一般的な使い方になる可能性もあるかもしれませんね。

ちなみに、ホホバ屋さんのスタッフはホホバオイルの使い方を自分の体を使って色々と人体実験(笑)していたりするんですが、「化粧水の前にホホバオイルを塗る場合は、化粧水後に塗るときよりも量を少なくするイメージで、数滴程度を薄く伸ばして塗る感じが良いのでは」という意見で一致しています。
化粧水の前に塗る量が多いと、やはり化粧水を弾くような感覚を感じることがあるようです。 これはおそらく、お肌の上をホホバオイルの油膜がびっしりと覆ってしまうからではないかと考えられます。
「保湿のはたらき」としてはこの油膜が大きな力を発揮するんですが、「導入液として」と考えるのであれば少量が良いかもしれませんね。

そしてもうひとつ、「化粧水と少量のホホバオイルを混ぜて塗っている」という使い方をされている方も、意外とたくさんいらっしゃるかと思います。
実際に色々な化粧品や医薬部外品にホホバオイルは配合されていますし、いまいち単独での使用に慣れていない方は、まずは混ぜて使ってみることから始めてみるのもいいかもしれません。

いずれにせよ、お肌の状態がひとりひとり違う以上、スキンケアの方法もひとりひとり違って当然だと思います。 ある程度のパターンに分けることはできるかと思いますが、最終的に「自分にあった方法」というのは、自分のお肌の感覚でしか判断できませんので、「これが絶対に正解」というものはないのかもしれません。
「自分にとっての正解」というのは、色々な情報をもとに自分で試していって、見つける必要があるのかなと思います。

もちろん、もっとも良いのは「かかりつけの皮膚科の先生」や「いつもお世話になっているエステティシャンさん」など、自分のことをよく知ってくれているアドバイザーを作って、相談していくことかなと思います。
私もお電話で色々なご相談を承りますが、やはり、みなさまのことを隅々まで知っているわけではございませんので(知っていたら危ないですよね 笑)、一般的な理論や実例をお話ししたり、その上で考えられる選択肢をご提供することしかできません。 やはり最後には、身近で信頼できる方にご相談いただくことが一番かなと思います。
もし身近にそういったアドバイザー的な方がいらっしゃらなければ、私どものお取引先の方をご紹介できることもあるかもしれませんので、一度当店までご連絡いただければと思います。

では最後に、今日のまとめ。

化粧水の前にホホバオイルを塗布する場合は、数滴程度を薄く伸ばして塗るほうが良いように思われます。
また、スキンケアの方法はひとりひとり最適な方法というのが異なるので、可能でしたら、かかりつけのお医者さんやエステティシャンさんなど、信頼できるアドバイザーを作っておきたいですね。

→ホホバオイルの使い方一覧ページに戻る

▼大容量オイル 商品リスト▼

▼オプション品▼

▼本日のご注文の納期▼

▼お買い物ガイド▼

▼スタッフブログ▼

▼営業日カレンダー▼

ホホバ屋さん営業日 2019年89月
※オレンジ色…休業日

▼到着時カード払い▼

ホホバ屋さん ご利用可能カード
※代引で利用可能

▼通信セキュリティについて▼